土地などの不動産の名義変更をする原因の三つのパターン

遺産相続で、土地などの不動産を名義変更する場合の方法には、大きく分けて三通りあるのだそうです。

一つ目は法定相続、二つ目は遺産分割協議、三つ目は遺言書です。

法定相続というのは、相続人が法律で定められた割合に従って、共同で所有する場合のこと。

土地や建物などの不動産を三人で分けるなら、一人がその三分の一が、もう一人がその三分の一、さらにもう一人も三分の一、と所有するのが共同所有といいます。

また遺産分割協議とは、相続人全員で協議をして、遺産を誰の所有にするかということを自由に決める方法です。

最後に、遺言書によって名義変更する場合には、遺言書通りに行われるのが通常なのだとか。

中でもよく問題になるのは、やはり遺産分割協議に関する場合だと言います。

法定相続や遺言書などで、最初から決められてしまっている方がスムーズに名義変更できそうですよね。

コメントは受け付けていません。

Filed under 土地名義変更は早めに

Comments are closed.