土地などの名義変更は相続時がお得!

不動産の名義変更というと、土地名義変更や建物名義変更、住宅名義変更、マンション名義変更などいろいろ。

これらの名義変更を相続時に行う場合、一般的に相続税が課せられるというイメージがありますよね。

でも実は、相続税が課税されるケースは全体の1割以下なのだそうです。

なんと9割以上は課税対象外になっているそうなのです。

相続税というのは、相続財産が高額な場合に課せられるものであって、決められた金額内であれば、非課税になるものなのだとか。

具体的には、相続するすべての人数に1,000万円を掛け、そこに5,000万円を加えた額なのだそうですが、やはりそこまでの遺産を手にすることはなかなかないということでしょう。

相続の場合、このような利点があるため、土地や建物などの贈与の際の税金を払いたくなければ、生前よりも、相続のタイミングを待ってそれらを名義変更する方がお得ということになります。

コメントは受け付けていません。

Filed under 名義変更にも種類がある

Comments are closed.