土地などの名義変更の原因と税金

土地や建物などの名義変更の際には課せられる税金がいくつかありますが、それは名義変更が発生した原因によって異なります。

例えば相続の場合には、相続税や登録免許税が課せられる可能性があり、贈与の場合には贈与税、不動産取得税、登録免許税が課せられる可能性があります。

さらに売買の場合には、不動産取得税、登録免許税が課せられる可能性が出てくるわけですが、この他にも、さらに契約書などを作成した際の印紙税や、不動産の譲渡によって譲渡益が発生した際の譲渡所得税、事業者の場合には消費税などが課せられることもあります。

このように、土地や建物などの不動産を名義変更する際には、様々な種類の税金があり、まとめるとさらに高額になります。

ですが、それぞれに行うことのできる節税対策もあるようですので、司法書士など専門家に相談してみるといいですね。

コメントは受け付けていません。

Filed under 生存中に土地名義変更を

Comments are closed.