土地や建物やマンションなどの名義変更、相続するより生前分与?

土地や建物、マンションなどの名義変更を行う場合、税金対策として死後の相続時に名義変更させる、というのも一つの手かもしれません。

ですが、生前にできるのであれば、生前に行った方が、円滑な名義変更ができると言われます。

それは、本人が亡くなった後の相続となると、家族の中で揉め事のきっかけとなり得るからです。

法律に従えば、通常の法定相続で行われる兄弟の間での相続は、平等に行われることになります。

一見問題は全くなさそうに見えますが、これが曲者なのだそうです。

法定相続では、家業を継いで家を守ってきた者や両親を長年介護してきた者が、他の者と同じように扱われることになってしまい、兄弟間で不満が芽生え、摩擦が起こったりするのだそうです。

確かに、長年密に関わってきた身からすると、他の者と同じ取り分では納得がいかないかもしれません。

そのようないざこざが起きないよう、贈与したい土地などがあるならば、本人が生きているうちに、それらの入り組んだ事情を加味して真に平等な名義変更を行うのが正解だということです。

コメントは受け付けていません。

Filed under 名義変更にも種類がある

Comments are closed.