Author Archives: admin01

土地や建物やマンションなどの名義変更、相続するより生前分与?

土地や建物、マンションなどの名義変更を行う場合、税金対策として死後の相続時に名義変更させる、というのも一つの手かもしれません。

ですが、生前にできるのであれば、生前に行った方が、円滑な名義変更ができると言われます。

それは、本人が亡くなった後の相続となると、家族の中で揉め事のきっかけとなり得るからです。

法律に従えば、通常の法定相続で行われる兄弟の間での相続は、平等に行われることになります。

一見問題は全くなさそうに見えますが、これが曲者なのだそうです。

法定相続では、家業を継いで家を守ってきた者や両親を長年介護してきた者が、他の者と同じように扱われることになってしまい、兄弟間で不満が芽生え、摩擦が起こったりするのだそうです。

確かに、長年密に関わってきた身からすると、他の者と同じ取り分では納得がいかないかもしれません。

そのようないざこざが起きないよう、贈与したい土地などがあるならば、本人が生きているうちに、それらの入り組んだ事情を加味して真に平等な名義変更を行うのが正解だということです。

土地や建物やマンションなどの名義変更、相続するより生前分与? はコメントを受け付けていません

Filed under 名義変更にも種類がある

土地などの名義変更の原因と税金

土地や建物などの名義変更の際には課せられる税金がいくつかありますが、それは名義変更が発生した原因によって異なります。

例えば相続の場合には、相続税や登録免許税が課せられる可能性があり、贈与の場合には贈与税、不動産取得税、登録免許税が課せられる可能性があります。

さらに売買の場合には、不動産取得税、登録免許税が課せられる可能性が出てくるわけですが、この他にも、さらに契約書などを作成した際の印紙税や、不動産の譲渡によって譲渡益が発生した際の譲渡所得税、事業者の場合には消費税などが課せられることもあります。

このように、土地や建物などの不動産を名義変更する際には、様々な種類の税金があり、まとめるとさらに高額になります。

ですが、それぞれに行うことのできる節税対策もあるようですので、司法書士など専門家に相談してみるといいですね。

土地などの名義変更の原因と税金 はコメントを受け付けていません

Filed under 生存中に土地名義変更を

土地などの名義変更は相続時がお得!

不動産の名義変更というと、土地名義変更や建物名義変更、住宅名義変更、マンション名義変更などいろいろ。

これらの名義変更を相続時に行う場合、一般的に相続税が課せられるというイメージがありますよね。

でも実は、相続税が課税されるケースは全体の1割以下なのだそうです。

なんと9割以上は課税対象外になっているそうなのです。

相続税というのは、相続財産が高額な場合に課せられるものであって、決められた金額内であれば、非課税になるものなのだとか。

具体的には、相続するすべての人数に1,000万円を掛け、そこに5,000万円を加えた額なのだそうですが、やはりそこまでの遺産を手にすることはなかなかないということでしょう。

相続の場合、このような利点があるため、土地や建物などの贈与の際の税金を払いたくなければ、生前よりも、相続のタイミングを待ってそれらを名義変更する方がお得ということになります。

土地などの名義変更は相続時がお得! はコメントを受け付けていません

Filed under 名義変更にも種類がある

土地などの不動産の名義変更をする原因の三つのパターン

遺産相続で、土地などの不動産を名義変更する場合の方法には、大きく分けて三通りあるのだそうです。

一つ目は法定相続、二つ目は遺産分割協議、三つ目は遺言書です。

法定相続というのは、相続人が法律で定められた割合に従って、共同で所有する場合のこと。

土地や建物などの不動産を三人で分けるなら、一人がその三分の一が、もう一人がその三分の一、さらにもう一人も三分の一、と所有するのが共同所有といいます。

また遺産分割協議とは、相続人全員で協議をして、遺産を誰の所有にするかということを自由に決める方法です。

最後に、遺言書によって名義変更する場合には、遺言書通りに行われるのが通常なのだとか。

中でもよく問題になるのは、やはり遺産分割協議に関する場合だと言います。

法定相続や遺言書などで、最初から決められてしまっている方がスムーズに名義変更できそうですよね。

土地などの不動産の名義変更をする原因の三つのパターン はコメントを受け付けていません

Filed under 名義変更にも種類がある